住宅ローン、保険、相続、不動産、税金、年金、生涯設計のお悩みはFP知恵の木へ!
目からウロコのマネー学で、プロフェッショナル・チームがあなたの夢の実現をサポートします。

あなたの安心人生をワンストップでサポートします!マネーとライフイベントなら FP知恵の木
お問い合わせ

事例紹介

質問

保険見直しに関するご相談 夫42歳、妻40歳、子供二人(12歳と10歳)の4人家族です。もっとも適当な保険は何でしょうか?


解答

知恵の木の解決策 5年以上前は生命保険など過剰に加入されている方もいらっしゃったせいかご相談の数も多くありました。最近、長期不景気のせいか、生命保険の節約思考もすすみ過剰加入されている方は少なくなったように思います。

傾向としては、

  • 今まで保険に加入していなかったが、結婚を期にどのような保険に加入すればよいか
  • 住宅を購入する機会に保険もついでに見直しをしたい
  • 子どもが生まれたが学資保険に加入したほうがよいか
  • ガン保険と医療保険をどのように考えたら良いか
  • 加入していた保険会社が撤退してしまったがどうしたらよいか
  • 我が家の保険加入は妥当であるか、もっと割安な保険会社はないか

等のご相談がありました。

保険は事故に当たれば加入していて良かったとなりますし、健康なお年寄りからは入院保険を1度も使わないうちに満期がきてしまい支払い損だという声も聞きます。

保険はもともと不幸にも事故に当たってしまった万が一の人を事故に当たらなかった万が9,999人が助ける助け合いの仕組みです。

たばこを吸わない人、太りすぎ・痩せすぎでない人・過去に病気がない人など生命保険会社によっては割引料金を設けているところもあります。
また、もともと同じ保障内容でも金融自由化以降保険料が保険会社により高い安いがあります。

日本人の生命保険加入率は実に90.3%。一世帯当りの保険料支払い額は平均で年間45万4千円 (平成21年9月 生命保険文化センター調べ)。
30年間支払えばなんと1362万円になります。