住宅ローン、保険、相続、不動産、税金、年金、生涯設計のお悩みはFP知恵の木へ!
目からウロコのマネー学で、プロフェッショナル・チームがあなたの夢の実現をサポートします。

あなたの安心人生をワンストップでサポートします!マネーとライフイベントなら FP知恵の木
お問い合わせ

マスコミ掲載情報

FP知恵の木代表の伊藤誠が、各種マスコミで取り上げられました。

新聞・雑誌

『MONOQLO(モノクロ)』2010年10月号

『MONOQLO(モノクロ)』2010年10月号
(晋遊舎)

特集「緊急報告!買っていいのか?中古マンション」(84〜89ページ)で、伊藤誠が住宅ローンのアドバイザーとして登場しました。どんな中古マンションが狙い目か?どんな住宅ローンがお得か?その答えが見つかります。マンション購入をご検討の方は、要チェックです。


『日刊木材新聞(1面)』2010年4月16日付

『日刊木材新聞(1面)』2010年4月16日付
木質バイオ事業の経営診断を開始

木質バイオマス専門コンサルタントの森のエネルギ研究所が、FP知恵の木と提携し、木質バイオマス事業の分析評価を行い、改善案を提案する「木質バイオマス事業経営診断業務」を開始したことが取り上げられました。


朝日新聞(27面〜29面)

『朝日新聞(27面〜29面)』2009年3月6日付
広告特集〜新しい住宅関連減税は、こう活用する

2009年度の税制改正法案で盛り込まれた住宅関連減税。住宅ローンの減税額が大幅に引き上げられるほか、さまざまな住宅関連の減税が受けられるようになりました。新しい住宅関連減税とその活用の仕方について、ファイナンシャルプランナーの伊藤誠が、解説者として登場しました。


PRESIDENT

『PRESIDENT』2007年4月2日号
(プレジデント社)特別増大号

「男の家計簿入門」という特集記事の中で、伊籐誠の記事が掲載されました。「教育費の増大」というテーマの下、教育費を『固定費』と考えるべき等とアドバイスを行っています。 最近では、子どもの教育費に相当の費用を割くようになっています。
FP知恵の木では、どうすれば教育資金を捻出できるか、個々の資産状況に応じてアドバイスを行っています。


PRESIDENT

『PRESIDENT』2007年1月29日号
(プレジデント社)特別増大号

「年収500万円なら何人、中学から私立に行かせられるか」というテーマに答える伊籐誠の記事が掲載されました。子どもの学費を心配をするあまり、自分たちの老後の蓄えを後回しにして、結局子どもたちに迷惑をかける危険性があることを指摘しています。学費だけでなく、自分たちの老後も考えたマネープランが必要です。


Journal of Financial Planning

『Journal of Financial Planning』2004年10月号
(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)

テーマ別「私のアドバイスポイント」という特集記事内で伊藤誠の記事が掲載されました。退職後、郊外から都心への転居を希望するケースに対してアドバイスを行っています。
FP知恵の木では中立の不動産業者とも提携しているので、住み替えのご相談の場合、業者に依頼して詳細な調査を行うことも可能です。


読めばおカネがたまる本

『読めばおカネがたまる本』2004年6月7日号
YomiuriWeekly 臨時増刊(読売新聞社)

「早ければ早いほど効果的!!35歳からの生活設計塾」というコーナーでFP知恵の木と伊藤誠が紹介されています。実際に作成した未来設計書を使って3つのケースを紹介し、35歳以降の生活設計を行っています。30代から40代は子供の教育費、住宅の購入など支出の多くなる時期ですが、この時期から計画的な生活設計をしなければ老後の生活がおぼつかなくなる可能性もあります。


YomiuriWeekly

『YomiuriWeekly』2004年4月18日号
(読売新聞社)

「35歳からの結婚経済」というコーナーで未来設計書の紹介がされています。未来設計書を作成することによって定年後の資産がわかり、それにそった生活設計ができるようになります。特に30歳代、40歳代は年金が受け取れるのが65歳からになるため、60歳で定年を迎えた際の資産状況を今から把握しておくことが重要です。


ダイヤモンド・ザイ

『ダイヤモンド・ザイ』2003年3月号
(ダイヤモンド社)

ファイナンシャル・プランナーと読者の交流促進を目的とした「FPclub」内の全国FP訪問記というコーナーで伊藤誠が取材を受けました。多摩”家計”の援助隊として中島智美さんと共に地域に密着したサービスを提供している様子が紹介されています。


日本経済新聞

『日本経済新聞』2003年2月16日付
MONEY&LIFE一面内容紹介

生活設計や資産運用を相談するケースが増えているという記事内で、伊藤誠が実際に資産運用の相談に応じている様子が紹介されています。また、FPの選び方やFPに相談する際に確認したい事項などについて言及した記事も掲載されています。


愛犬チャンプ

『愛犬チャンプ』2002年10月号
(芸文社)

他に掲載されている雑誌と違い、この雑誌では犬の保険についての記事を載せています。犬の保険というとあまりなじみがないかもしれませんが、イギリスやアメリカなどのペット先進国ではペット保険が広く普及しており、日本でもここ数年注目されています。愛犬が怪我や病気になってしまった時に備えるのはもちろん、他の人に怪我をさせたり、損害を与えてしまった時のためにもペットの保険を検討する必要があるのです。


テレビ

FP伊藤がフジテレビの「笑っていいとも」に出演しました!!

笑っていいとも 司会の中居君の質問に答える伊藤誠

11月30日(火)放送の「笑っていいとも」内の「あなたの知っているようで知らない世界」というコーナーにFP伊藤誠が出演しました。このコーナーは毎回様々な職業の方をスタジオに迎えてアンケートをとり、その内容をレギュラータレントの皆さんが答える、という内容です。 この日のテーマはズバリ「ファイナンシャルプランナー」。
お題は「今オススメの財テクは?」と、「お金をためるためにまずやったほうが良いことは?」でした。
ファイナンシャルプランナーはまだまだ一般にはあまり知られていない職業ですが、これをきっかけに存在が認知されるようになり、家計の問題でお悩みの皆さんのお役に立てればと思います。