住宅ローン、保険、相続、不動産、税金、年金、生涯設計のお悩みはFP知恵の木へ!
目からウロコのマネー学で、プロフェッショナル・チームがあなたの夢の実現をサポートします。

あなたの安心人生をワンストップでサポートします!マネーとライフイベントなら FP知恵の木
お問い合わせ

FP知恵の木ウェイ

One Life, Your Way 一度の人生、あなた流

あなたの人生ほど大切なものはない

人間に与えられている一回限りの人生。その人生の主人公こそが「FP知恵の木」のお客様です

人生舞台において主人公の夢や目標やしあわせが実現すること、それがFP知恵の木にとって最高の喜びです。 いかにしてその実現のお役に立てるだろうかと追求し続けることこそは知恵の木の原点であり存在意義です。

「あなたの最高の人生」のためにFP知恵の木ができること、そのNo.1を目指しているのは次の3つのテーマです。

● マネーの専門家 Financial Wisdom - 専門領域 -

マネーは、人の一生とその生活設計にとって、また人々が組織する企業や事業体にとって重要な意義をもっています。FP知恵の木は、あらゆる金融上の知恵(Financial Wisdom)を蓄え、活かして人生や事業を財政面から点検・プランニングし、主人公の安心人生や事業運営の土台をゆるぎないものにします。

● あなたが主人公、ワンストップで問題解決 Problem Solver - ミッション -

FP知恵の木は、個人にやさしいビジネス・モデルを展開します。
世の中には様々な専門家がいますが、お客様が、ご自身の問題を分解して各分野の専門家や事業者へ 個々にあたることは効率的ではありません。また、あるひとつのきっかけ(ライフイベント)や悩みが、実は別の本質的な問題につながっていることがあります。
お客様にやっていただくことは知恵の木のドアをノックすること。どのような悩みやきっかけからでも重要事項を整理し、本質的な問題を解決します。

● 実現力、そして個人を支えるプロ集団による万全のサポート Carry out the Mission - 事業戦略 -

ファイナンシャルプランや人生設計を単なるプランニングにとどまらせず、実現・運営までをプロジェクトとして実行支援します。 FP知恵の木は、あなたの人生プロジェクトを実現するために各分野の専門家の知恵と力を結集し、組織的にこれを実現させます。 知恵の木の綿密な計画と堅実な実行力、「夢を現実にする」 システムは、 単なるファイナンシャル・コンサルティングとは一線を画するものです。

FP知恵の木は、日々新しい知恵を生みだし、進化と革新を続けながら、
One Life, Your Way (一度の人生、あなた流) のとびっきりの実現 をサポートしてまいります。



FP知恵の木にご相談の方へ是非読んでいただきたい

【幸福な人生 3つの必要十分条件で安心を得よう】

第一はなんといっても「健康」です。
第二は「生きがい」です。肉体的に健康でも、生きがいがなければ精神的に不健康になってしまいます。
第三は「お金」です。肉体的にも精神的にも健康でも、お金がなくては食べられません。
それでは
大金持ちで、要介護5ではどうでしょう。
大金持ちで、生きがいがなく、やることがなければどうでしょう。
実はこの3つは1つも欠けてはいけないです。
FPはこの中の第三「お金」についてご相談を受けるプロです。
具体的に言うと、死ぬまでにお金がなくならないよう計画を建てることです。
もっと簡単に言うと、65歳にお金をいくら持っていないといけないかをアドバイスします。
日本の65歳以降ご夫婦は統計で月30万円(16万円が生活費、14万円がおこずかい)使うことがわかっています。
このご夫婦が年金を月25万円もらえるとすると、年金だけでは月5万円足りません。この部分を65歳までに貯めるのです。
月5万円足りない×90歳まで25年生きる×1年12ヶ月=1500万円になります。
あなたは、年金を月いくらもらえるかご存じですか?
月に25万円もらえる夫婦は恵まれている方です。

みなさんは、小さい子どもがあなたを見ていたら、横断歩道を手を上げてわたるでしょう。
ところが、大人になると平気で道路を横切ります。
私の名刺には「大人は一生子供のお手本」と忘れないように書いてあります。
親として大人として私が絶対に避けたいのは2つです。
1「年老いて、要介護状態になり子どもに負担をかけること」
2「年老いてお金がなくなり子どもに生活費を負担させること」
FPはこの2番目にならない計画をいっしょに考えるのが仕事です。
住宅購入のご相談が当社では多くこられますが、
究極の選択で住宅の予算を1000万円削るか、
お子さん2人の予定を1人にするか、奥さんが働くかという話になることがしばしばあります。
FPの仕事は行きつく先人生相談だと、15年以上続けてきて感じています。

経済大国日本から世界一幸福な高齢者の国 日本の輸出

老年学



【[生きがい」探しのコーチングと充実人生クラブ】

あなたは介護施設を訪れたことがありますか。介護には肉体的に介護が必要な場合(歩けなくなった、目がみえなくなった)と精神的な介護(頭がおかしくなってしまう)があります。
精神的な介護状況になってしまう大きな原因に「家に閉じこもり」があります。
田畑を行っていた方が、震災でプレハブ住宅に移り、周りに友人もいなく、田畑を耕す仕事もなくなり、家に閉じこもりになる方の介護状況になる確率は約7倍という結果がでています。
人間にとって「生きがいがあること」「やらなければならない事がある事」「趣味がある事」はとても重要なことなのです。
特に男性はとても危険で、サラリーマンを終え「やることがなくなる」と悲惨な老後になってしまいます。FP知恵の木では、「自分の生きがい」を再発見するコーチングを行っています。

私自身は下記のサークルを経験、または現役で行っています。
多摩エンゼルス 小学校野球チーム監督

多摩混成合唱団 http://www.tamakonsei.com/
落合ロートルズ http://ochiairotorus.wixsite.com/officialsite
紅葉台テニスクラブ https://sites.google.com/site/kouyoudaitc/home

FP知恵の木では、「充実人生クラブ」