○円急伸、リスク回避で102円○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2014年01月29日 ○異次元緩和、長期化を示唆○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○円急伸、リスク回避で102円○

2.充実人生クラブ(JJC)
~人生を部活動のように楽しむ~
○ワイン会を開きます○

_____________________

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■円急伸、リスク回避で102円■
~2014年1月26日 日経ヴェリタスp1より~ 

■■■ トピック要約

■新興国に不安台頭

円相場が新興国リスクの揺さぶりを受けている
アルゼンチンの通貨ペソの急落をきっかけに、
市場では新興国からの資金流失懸念が台頭。

投資家がリスク回避の動きを強めたことで
世界的に株式相場が崩れ、
安全資産とされる円に
資金をひとまず逃避させる動きが強まった。

昨年末にかけて
105円台へ円安が進み
市場では米経済の回復を踏まえ
日米の金融政策の方向性の違いから
円安・ドル高シナリオは
「鉄板」との見方が広がっていた。

■2発のカウンターパンチ

こんな状況下で市場が受けたのが
「2発のカウンターパンチ」だ。

最初のパンチは「米雇用統計ショック」。
10日発表の昨年12月の米雇用統計が
予想を大幅に下回ったことだ。
米景気の先行きに対する自信が一時揺らいだ。

2発目のパンチが
「新興国ショック」であった。

■■■

■日経平均の行方は?

この原稿を書いている今日は1/28です。
日経平均が数日間で大きく下がり
15,000円を割りました。

個人的には、これを待っていて
チャンス!
日経平均を買いました。

さて、日経平均は4月までに上がるでしょうか。

■量的緩和策の縮小(米国)

米国の中央銀行である
FRB(連邦準備制度理事会)は
2013年12月18日、
2014年1月から量的緩和の縮小を
開始することに決定しました。

FRBはリーマンショックによる金融危機から
脱却するため、
市場に大量の資金を供給する、
いわゆる量的緩和策を実施してきました。

しかし米国の景気が
順調に回復してきたことから、
市場に供給する資金の量を徐々に減らす方向に
政策転換を行いました。

これが「量的緩和策の縮小」と呼ばれるものです。 

2発目のパンチの「新興国ショック」とは
新興国のドル資金が米国に戻ることです。

これまでFRBは
市場に大量に資金を供給してきましたから、
余ったお金は新興国に向かい、
これらの国々の通貨は
上昇を続けていたわけです。

■景気の主役は新興国から米国へ

しかし米国が量的緩和の縮小を開始すると、
これらのドル資金は米国に戻ってしまい、
新興国の通貨が売られる
という状況になってしまいました。

米国が量的緩和を縮小するということは、
米国の景気が順調だという意味であり、
緩和縮小が始まった場合には、
米国で投資をした方が有利となります。

このため、世界に流出していたドル資金が
引き上げられてしまうことが
予想されていたのですが、

実際に緩和縮小が始まると、
やはり新興国から資金が流出し、
その過程で
各国の通貨が売られる
という現象が起こったわけです。
 
今回の通貨安は、景気の主役が
新興国から米国に移ったことが
根本的要因であり、

米国の好景気は
いずれ新興国にも恩恵をもたらします。

通貨安で新興国に競争力が付き
輸出が回復してくれば、
為替相場もいずれ安定してくる
と考えられます。

今回の通貨安を過剰に心配する必要はない
と考えています。

_____________________

※ご感想やご質問はこのメールにご返信くださいね!
励みになります!^^
_____________________

2.充実人生クラブ(JJC)
~人生を部活動のように楽しむ~
■ワイン会を開きます■

カルフォルニアのナパバレーで畑を選び
葡萄(ピノノワール種)からつくった
JJCのワイン「Don de Terre」(大地の恵み)
が出来上がりました!

そのお祝いを兼ねてワイン会を開きます。

ポットラック(1人1品持ち寄り)形式により
できるだけ会費をおさえたうえで
JJCワインコーディネーター野田さん厳選の
極上ワインの数々(^O^)を
皆さまと楽しみたいと企画しています。

今後造るワインのお話もします。
ワイン好きな方、ワイン造りに興味のある方
どうぞお気軽にお越しくださいね!

以下に詳細を記しますので
参加をご希望くださる方は
本メールに返信のうえご連絡ください。

◆◆◆JJCワイン会のお知らせ◆◆◆
「Don de Terre」(大地の恵み)の誕生を祝って

■日時: 2月22日(土)12:30~14:30 
*12:00開場

■場所: 新宿
(都営新宿線「新宿3丁目駅」または
丸の内線「新宿御苑駅」より徒歩3分、
JR「新宿駅」より徒歩10分)
※詳しい場所は参加者にご連絡します。

■会のスタイル: ポットラックパーティー方式。
参加される方は一品料理をご持参願います。
目安としては1,000円以内。
手料理が難しい場合は購入して頂いたものでOKです。
ワインに合う一品ですとうれしいです
(いかの塩辛やホヤなどはお避け下さいませ)。
なお、温めるべき料理は現地にて
レンジ加温できるよう準備予定です。

■会費: 2,000円/人 
ワインは2012年のJJCワイン(ピノノワール)を含め、
美味しくてリーズナブルなワインを用意させて頂きます。ワイングラスは大ぶりのしっかりしたモノを準備します。 *20歳未満は500円、小学生以下は無料

■人数: 20-30名程度の立食/半着席を想定しています。

ワイン好きな方、ワイン造りに興味のある方
どうぞお気軽にお越しくださいね!

参加をご希望くださる方、
今回は参加できないけれど次回はぜひ!という方は
本メールに返信のうえご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です