○所得収支で稼ぎ貿易赤字を相殺○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2014年02月12日 ○異次元緩和、長期化を示唆○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○所得収支で稼ぎ貿易赤字を相殺○

2.充実人生クラブ(JJC)
~人生を部活動のように楽しむ~
○ワイン会を開きます○

_____________________

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■所得収支で稼ぎ貿易赤字を相殺■
~2014年2月9日 日経ヴェリタスp60より~ 

■■■ トピック要約

■国際収支とは?

・経常収支
・資本収支
に大別される国際収支。

経常収支の内訳は主に3つ
・貿易収支	
	→自動車などモノの輸出額と輸入額の差のこと
・サービス収支	
	→旅行で使った宿泊費や運賃など
・所得収支
	→海外にある金融資産の配当など

資本収支は
投資家による海外の株式取得や
日本企業による海外の企業の
買収などによって生じる。

■貿易赤字と所得収支で多額の黒字

日本の貿易収支は
2011年から赤字が続いている。
経常収支も月次では
赤字が珍しくなくなってきた。
通年での赤字転落も近いのか?

ただし、貿易赤字の拡大が
直ちに経常収支の赤字に
つながっているわけではない。

というのも、
日本は所得収支で
多額の黒字を稼ぐからだ。

その額、足元では年16兆円程度。
貿易黒字がピークだった
1992年の水準に並ぶ規模だ。

■海外に巨額の資産をもつ日本

日本はこれまで稼いできた
貿易黒字を原資に、
海外に巨額の資産を保有している。

日本の企業や個人投資家などが
海外に持つ資産から負債を差し引いた
対外純資産は296兆円と世界最大だ。

こうした資産からの
利子や配当が所得収支。
いわば過去の「投資の果実」である。

■サービス収支改善の兆し

サービス収支の改善も見逃せない。
日本は海外旅行客が多い一方、
日本を訪れる外国人が
あまり多くない状態が続いた。

日本人が海外で使うお金のほうが、
外国人が日本で使うお金より多く、
サービス収支では赤字基調となっている。

しかし円安もあって
2013年には訪日外国人が
初めて1000万人を超え、
サービス収支の改善の兆しが出ている。

■■■

経済用語は複雑ですよね。
○○収支と良く聞きますが、
まとめてみると前述のようになります。

所得収支16兆円とは
すごい金額ですよね。
日本の国家予算は
年間100兆円弱ですから。

日本の対外純資産は296兆円。
これもすごい金額です。
日本の借金は
1000兆円強ですので。

この数字があるので、
外国人は日本を安全国
と考えているのでしょうね。

しかし、
貿易赤字が大きくなると
話が変わってきますので、
この経済用語は
覚えておいたほうが良いと思います。
_____________________

2.充実人生クラブ(JJC)
~人生を部活動のように楽しむ~
■ワイン会を開きます■

カルフォルニアのナパバレーで畑を選び
葡萄(ピノノワール種)からつくった
JJCのワイン「Don de Terre」(大地の恵み)
が出来上がりました!

そのお祝いを兼ねてワイン会を開きます。

ポットラック(1人1品持ち寄り)形式により
できるだけ会費をおさえたうえで
JJCワインコーディネーター野田さん厳選の
極上ワインの数々(^O^)を
皆さまと楽しみたいと企画しています。

今後造るワインのお話もします。
ワイン好きな方、ワイン造りに興味のある方
どうぞお気軽にお越しくださいね!

以下に詳細を記しますので
参加をご希望くださる方は
本メールに返信のうえご連絡ください。

◆◆◆JJCワイン会のお知らせ◆◆◆
「Don de Terre」(大地の恵み)の誕生を祝って

■日時: 2月22日(土)12:30~14:30 
*12:00開場

■場所: 新宿
(都営新宿線「新宿3丁目駅」または
丸の内線「新宿御苑駅」より徒歩3分、
JR「新宿駅」より徒歩10分)
※詳しい場所は参加者にご連絡します。

■会のスタイル: ポットラックパーティー方式。
参加される方は一品料理をご持参願います。
目安としては1,000円以内。
手料理が難しい場合は購入して頂いたものでOKです。
ワインに合う一品ですとうれしいです
(いかの塩辛やホヤなどはお避け下さいませ)。
なお、温めるべき料理は現地にて
レンジ加温できるよう準備予定です。

■会費: 2,000円/人 
ワインは2012年のJJCワイン(ピノノワール)を含め、
美味しくてリーズナブルなワインを用意させて頂きます。ワイングラスは大ぶりのしっかりしたモノを準備します。 *20歳未満は500円、小学生以下は無料

■人数: 20-30名程度の立食/半着席を想定しています。

ワイン好きな方、ワイン造りに興味のある方
どうぞお気軽にお越しくださいね!

参加をご希望くださる方、
今回は参加できないけれど次回はぜひ!という方は
本メールに返信のうえご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です