○異次元緩和、長期化を示唆○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年12月18日 ○異次元緩和、長期化を示唆○

☆ 目 次 ☆

最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○異次元緩和、長期化を示唆○

_____________________

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■異次元緩和、長期化を示唆■
~2013年12月15日 日経ヴェリタスp48より~ 

■■■ トピック要約

■加速する賃下げ

黒田日銀総裁の金融政策の
先行きを巡る発言が徐々に変容している。

大幅な株高・円安を演出してきた異次元緩和は
「2年で2%の物価上昇を」
を約束するものだったはず。

だが、最近の発言内容を検証すると、
「2%」を強く訴える一方で、
「2年」という期限についての
コミットメントは弱めているように見える。

今年4月4日の
異次元緩和の導入を発表した記者会見。

「2%の物価安定の目標を
2年程度の期間を念頭において、
できるだけ早期に実現することをコミットする」

と言い切ったのは黒田総裁その人だった。

「物価2%」
「達成期間2年」
「マネタリーベース2倍」

「2」をキーワードに政策を説明し、
白川前総裁からの政策大転換を
鮮やかに印象づけてみせた。

■■■ FP伊藤の「これがお奨め」

今年最後のメールマガジンです。
今年は何といっても、
日本銀行総裁「黒田さん」でした。

株高と円安、
そして景気回復は
この人が巻き起こした
と言っても過言ではありません。

そこで、今年4月4日の
異次元緩和の導入を発表した記者会見を
今年最後の締めとしました。

今回の内容では、
異次元緩和は2年で終わらせるわけではない
という記事です。

これにより
「更なる景気回復の安定」を狙っているようです。

そこで、金利が上昇する前に
下記ご案内をさせていただきますね!

■■■ 【フラット35】 12月金利について

フラット35の12月金利について、
先月につづき若干の低下(△0.10%)となり、
本年4月の史上最低金利に並び、
再び低金利水準となりました。

  15~20年 1.51%
  21年以上 1.80%


今年1年の住宅ローン金利動向としては、
アベノミクスの流れを受けて
スタートした上半期は上昇傾向へ、
 
そして夏場以降は低下局面となり、
現在に至っております。

ここに来て史上最低金利となっていること、
消費税増税が間近となったこと、等の要素もあり、
住宅ローンへの関心は
非常に高い状況下にあると言えます。

◆◆◆◆◆
FP知恵の木では年末・年始に
「住宅ローン借り換えキャンペーン」を行います。

◆FP知恵の木『住宅ローン借り換え支援』 
◆5,000円

〇例えば、佐藤さんの場合

平成25年12月末時点残高: 17,748,579円
償還期間: 平成52年8月まで、残り約27年間
金利: 2.31%
現在毎月返済額 73,642円

■金利:1.80%に借り換えた場合

現在毎月返済額 69,172円 となり 
毎月 4,470円も返済額が下がります。

●これが27年間続くわけですから
●4,470円×12×27年間
●=1,448,280円の節約になります。

これならば、借り換え手数料を支払っても
100万円前後のおつりがきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です