○欧州、偽りの夜明け○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年12月4日 ○欧州、偽りの夜明け○

☆ 目 次 ☆

最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○欧州、偽りの夜明け○

_____________________

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■欧州、偽りの夜明け■
~2013年12月1日 日経ヴェリタスp1より~ 

■■■ トピック要約

■加速する賃下げ

「安定した欧州」
勝ち組ドイツの高揚とは裏腹に、
南欧ではこの言葉がむなしく響く。

スペインの首都マドリード。
街を走る地下鉄がこの9月、
「ボーダフォン線」と名前を変えた。

名前変更は
同国を覆う2つの暗雲の
副産物でもある。

「債務危機」と「押し寄せるデフレ」だ。

財政難の市が命名権を売り、
市民の通信費切り詰めにあえぐボーダフォンが
広告で起死回生を図ろうとしたのだ。

10月のスペインの消費者物価指数は
前年比0%まで低下。
通信費は7.4%のマイナス。
ボーダフォンも悲鳴を上げる。

為替の調整弁がないユーロ圏で
競争力を取り戻すには、
構造改革を進めるしか道はない。

スペインでは
賃下げをテコに輸出を伸ばし、
経常収支が今年
1986年以来、初めて黒字化する。

こんな努力の積み重ねで
欧州では企業の収益が底打ちし、
夏場から株価も上がり始めている。

だが改革には副作用がつきまとう。

見逃せないのは
国内を襲う激しい需要の減退だ。
賃下げと相まって、
物価に低下圧力をかけている。

11月7日の
欧州中央銀行による「電撃利下げ」は
域内の強い物価低下圧力に
対応するのが狙いだった。

スペインに続き、
フランスとイタリアも競争力を取り戻すため
「賃下げ」を加速する。

■ECB(欧州中央銀行)の限界

ヨーロッパでは
国によって物価水準が異なるため、
ECB理事会では
デフレとインフレ
それぞれを心配しているのが実態。

例えばドイツのインフレを心配し
スペインのデフレを心配するといったように。

2011年から続くマイナス成長を
今年4月~6月期に抜け出したユーロ圏。

世界から投資マネーを集める復活ぶり
を見せているが、
それは「偽りの夜明け」ではないだろうか。
「日本化」懸念が急速に台頭している。

■■■ FP伊藤はこう解読する

EUの調子が良いのは偽りではないだろうか
という記事です。

スペインやギリシャで
25歳以下の若年層失業率は
50%を超える厳しい情勢。

企業は利益を出すために賃下げ。
給与が下がるので
物が売れず物価が下がる。

ドイツだけの1人勝ちのEU。

なぜEUがこんなにも評価されるのだろう
と私も思っていました。

ギリシャ問題で大きく下がった
と思いきや
今度は急激に復活するEU。
とても浮き沈みが激しい地域ですね。

国によりデフレとインフレが混在した地域で
通貨がユーロで統一されている。
為替の調整弁がないユーロ圏。

わかっていたことではありますが・・・
1国でも難しい景気調整が
複数の国の集まりのEUで出来るのでしょうか。

改めて感じる記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です