○気がつけば米国の家主。日本個人マネー、米REITに○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2011年07月27日 ○ 気がつけば米国の家主。日本個人マネー、米REITに ○

☆ 目 次 ☆


1.最新金融情報トピックス ~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○ 気がつけば米国の家主。日本個人マネー、米REITに ○

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~勉強会をしませんか~
○ 充実人生クラブ「資産形成運用塾」始まります! ○

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
○ 個人型確定拠出年金と個人年金、どこが違うの? ○

_________________________________________

1.「知恵の木」流、日経ヴェリタス最新金融情報徹底解読
● 気がつけば米国の家主。日本個人マネー、米REITに ●
-2011年7月24日日経ヴェリタスp1より伊藤誠の特選記事- 

■REIT(不動産投資信託)とは

不動産投資信託とは
投資家から集めた資金でオフィスビルなどの不動産を購入し、
賃貸収益や売却益などを配当金として投資家に分配するものです。

株式投信や公社債投信の運用対象が
不動産になったものと考えていただければわかりやすいと思います。

Real Estate Investment Trust、略してREIT(リート)は、
米国で1960年に誕生しました。

日本でもこれにならって「日本版REIT」や「J-REIT」、
また単に「REIT」と呼ばれています。

日本の個人マネーがいま、
兆円単位で米国の不動産に流れ込んでいるそうです。もちろん、
日本の個人マネーが居抜きで物件を買ったという話ではありません。

日本の個人マネーと米国の不動産を結び付けているのは
米不動産投資信託「REIT」。
日本では今、世界中のREITに分散投資する
グローバルREIT投資信託がよく売れている、という記事です。

1月~6月には約1兆5000億ものお金が流入し、
純資産残高は約5兆円に膨れ上がりました。
今春には、日本株投信の残高を抜き去ったそうです。

日本株より、海外不動産。
投信史上残る逆転の立役者は、
長引く低金利と低迷する日本株に業を煮やした日本の個人投資家
というわけです。

米不動産投資信託REITの追い風は次の3つといえるでしょう。

○米商業用不動産市場の回復傾向
○米金融緩和による資金調達コスト(金利低下)の低下
○ドル安による海外マネーの流入

人気が出るといっせいに群がるのが日本人。
というか金融機関がいっせいに同じ商品を売りまくるのが日本のパターン。

米不動産投資信託REITは
私も1年位前から持っていますが、まずまずです。

これから購入を検討される方は
上記3つの追い風が逆風にならないかどうかがポイントです。

さらに、現在78円~80円をさまよっている円高が
もっと 円高(逆風)になるのか、
あるいは 円安(追い風)になると予想するのかが
購入する・しないの分かれ目になります。

人気が出る→価格が上がる→配当利回りが下がる
という状況で米不動産投資信託REITの配当利回りも
3%強まで低下してきたとヴェリタス誌には書いてあります。

米長期金利が現在3%を割り込む水準ですが、
将来米国の金利が上昇してきたら、
米不動産投資信託REITの人気も落ちてくる可能性があります。

難しいことは抜きにして、
現在78円~80円をさまよっている円高は
いったいどうなるのでしょうか。
円高がこれ以上どこまでいくのか。

円高終了間近と予想すれば、海外投資はおすすめです。

世界中のREITに分散投資するグローバルREIT投資信託が、
日本株投信の残高を抜き去ったとは・・!

日本人=日本株という時代も終わったと感じました。

◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~勉強会をしませんか~
● 充実人生クラブ「資産形成運用塾」始まります! ●

時代は、経済はすごい勢いで刻々と変貌しています。
少子高齢化、年金アウト、ゼロ金利時代・・
我々に資産形成の道はもうどこにもないのでしょうか?
「充実人生クラブ」の答えはこうです。

あるはずです!探してみませんか?!
先人や賢人の知恵をご自分のものにするためにも
あなたの人生の少しの時間を用いて、勉強しませんか。

「充実人生クラブ」は、人生の主人公のあなた様に
たとえば学生時代、夢中になった部活動のように
その人生時間を満喫していただけたらいいなあ・・
と願っています。

充実人生クラブ「資産形成運用塾」の
詳しいご案内とお申込みフォームが当社ホームページに掲載されました!
どうぞご高覧下さい。

■充実人生クラブ「資産形成運用塾」
経済と金融の勉強会(全4回)

■■■ 【セミナー詳細とお申し込みはこちらから!】
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a2hw0bivzvw8n0tL12

【対象者】
50歳前後以上でこれから投資に挑戦されたい方

【開催日時】
第1回 2011年9月8日(木)16:00~19:00
第2回 2011年9月22日(木)16:00~19:00
第3回 2011年10月13日(木)16:00~19:00
第4回 2011年10月27日(木)16:00~19:00

【参加費】
全4回 32,000円(税込)
 ※「充実人生クラブ」会員16,000円(税込)

【会 場】
東京都新宿区市ヶ谷田町3-13 神楽ビル2F セミナールーム
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a3hw0bivzvw8n0tvdF
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a4hw0bivzvw8n0ttMS

■充実人生クラブ「資産形成運用塾」
これから始める資産形成運用塾(全4回)

■■■ 【セミナー詳細とお申し込みはこちらから!】
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a5hw0bivzvw8n0tBzV

【対象者】
現役世代でこれから資産形成運用を考えている方

【開催日時】
第1回 2011年9月7日(水)18:30~21:30
第2回 2011年9月21日(水)18:30~21:30
第3回 2011年10月6日(木)18:30~21:30
第4回 2011年10月20日(木)18:30~21:30

【参加費】
全4回 32,000円(税込)
※「充実人生クラブ」会員16,000円(税込)
 
【会 場】
東京都新宿区市ヶ谷田町3-13 神楽ビル2F セミナールーム
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a6hw0bivzvw8n0thMH
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a7hw0bivzvw8n0tXUQ

■ 「充実人生クラブ」とは 

One life, Your way (一度の人生、あなた流)
―あなたの人生ほど大切なものはない―  
人生の主人公であり経営者であるお客様に
その夢と幸せを実現していただくため、知恵の木は
「充実人生クラブ」事業を推進してまいります。 

「充実人生クラブ」とは、
すべての人間には平等に歳を重ねていく
という現実を受けとめ
日本における人口減・少子高齢化の
厳しいマクロ・ミクロ経済環境のなかでも
50歳からの長い人生に賢く備え、
人生の主人公のあなたに活き活きと
充実人生を謳歌していただくことを目的とするものです。 

そのための知恵を磨き、
学ぶ機会をご提供させていただくとともに、 
あなたの人生設計や夢を実現するため、
主人公のあなたを専門家や企業が
一貫してサポートする仕組みです。

■■■ 【「充実人生クラブ」の詳細とお申し込みはこちらから!】
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a00a8hw0bivzvw8n0toO2

ご不明な点やご質問等は、どうぞお気軽にお問合せください!
→ fp@chienoki.com

◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇=◇

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
● 個人型確定拠出年金と個人年金、どこが違うの? ●

■【 個人型確定拠出年金と個人年金 】

こんにちは。疑問があるのでメールしました。教えてください。
先日のメルマガで、個人型確定拠出年金の魅力、
についていわれていました。
個人年金とはどうちがうのでしょうか。

私は個人年金定額うんぬんとやらに加入しました。
10年間外貨で運用し、その運用益を、
年金タイプで何年かに分割して受け取る訳ですが、
運用中の利息は何万円かは非課税、受け取る時も、
預金より税的優遇措置がはかられていて、
所得一時扱いになり50万円(?)までは非課税、
それ以上に20パーセントの税金がかかるとかなんとか聞きました。

それは本当なのでしょうか。
また、これは個人型401Kとは別物なのでしょうか。
教えてください。
よろしくおねがいします。

■【 CFP伊藤からのコメント 】

これは個人型401Kとは別物です。

個人年金が「所得一時扱いになり50万円までの利益が非課税」
は本当です。

個人型確定拠出年金と個人年金の最大の違いは「所得控除」対象額の違い
といえるでしょう。

※「所得控除」とは、個人の所得に掛かる所得税や住民税の対象にならないよう
収入額から差し引くことのできる金額です。

○個人型確定拠出年金は:
毎月積み立てている金額そのものが所得控除の対象になります。
最高で月23,000×12ケ月=276,000円の控除です。

○個人年金は:
年間10万円以上の支払いで最高で50,000円の控除です。

簡単に言うと
サラリーマンで言えば、年末調整の時にもどる税金の金額が、
個人型確定拠出年金に加入すると個人年金より多いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です