○終わる優遇税率、NISA前に備えを○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年10月23日 ○終わる優遇税率、NISA前に備えを○

☆ 目 次 ☆

最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○終わる優遇税率、NISA前に備えを○

_____________________

最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■終わる優遇税率、NISA前に備えを■
~2013年10月13日 日経ヴェリタスp1より~ 

■■■ トピック要約

■証券税制が大きく変わる

今年から来年にかけて
証券税制が大きく変わる。
株式や株式投資信託の
利益にかかる税率10%の優遇策が
年内いっぱいで打ち切られ、
来年1月からは20%に上がってしまう。

優遇策が残るいまのうちに、
株や投資信託を売るべきか、売らざるべきか。

来年から利用できるようになる
「NISA」(少額投資非課税制度)
への備えとともに、
証券税制を巡る個人投資家の悩みは尽きない。

■いつ売ったら得になるのか

年末年始をまたぐだけで
10%の税金が余分にかかってくるのだから、
真剣になるのも当然。

利益の上がる株などは
「年内にすべて売り払う」が結論だ。

利益確定のタイミングで悩むのは投資の常。
税率引き上げ前の今はなおさらだ。
しかも今年はアベノミクス効果で
日経平均株価が39%も上昇し、
円相場は11%下落した。

日本株や外貨型投信で
含み益の乗っているケースは
昨年までとは比較にならないほど多い。

■■■

株式や株式投資信託の利益にかかる
税率10%の優遇策が
年内いっぱいで打ち切られ、
来年1月からは20%。
これは大きなことです。

例えば100万円利益の場合、
税金が10万円から20万円
の支払いになるからです。

今年売れば90万円の利益。
来年同額の利益を得るためには
112万円の利益で手取り約90万円です。

100万円の利益を112万円の利益にするのは
12%UPですので容易いことではありません。

そこで、結論としては
利益の出ている株や投資信託は
年内にすべて売却となります。

この時同時に
損失の出ている株や投資信託を売却することにより、
年内の10%税金も支払わなくて済みます。

売却をすると現金になりますので、
来年まで待ち
「NISA」(少額投資非課税制度)で100万円投資
が私の結論です。

これにより、利益が出ても
「非課税の特典」が得られます。

更に残った現金をどこに投資をするのか
ゆっくり考えましょう。

毎月配当が得られるのが良ければ、
毎月分配型投資信託も良いと思います。
アベノミクスが更に成功すると見込めば、
日経平均やTOPIXに投資し、
値上がり益を狙うのも良いでしょう。

円安が更に進むと予想すれば、
為替の影響を受ける投資信託
も良いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です