○人ごとではない、大相続時代の足音 ○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2011年08月24日 ○  人ごとではない、大相続時代の足音 ○

☆ 目 次 ☆


1.最新金融情報トピックス ~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○  人ごとではない、大相続時代の足音 ○

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~勉強会をしませんか~
○ 充実人生クラブ「資産形成運用塾」9月開講! ○

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
○ 40歳3000万円の住宅ローン返済は無謀? ○

_______________________________

1.「知恵の木」流、日経ヴェリタス最新金融情報徹底解読
● 人ごとではない、大相続時代の足音  ●
-2011年8月14日日経ヴェリタスp48より伊藤誠の特選記事- 

【日本人の年間死亡者数、150万人時代も近づく。
そこへ増税の「網」がかかる。
‘普通の人’にも相続対策が必要な時代がやってくる。

金額の多寡にかかわらず、いつかは万人に訪れる相続。
すったもんだに嫌気がさす今国会だが、
そのおかげで相続に関わる「増税」が
猶予されていることをご存じだろうか?

本来なら今年4月から適用されるはずだった
2011年度の税制改正案には
大きく分けて3つの相続課税強化策が盛り込まれている。

2009年の相続税納税者は全国平均で4.1%だが、
地下の高い東京に限れば、その割合は7%に高まる。
税制改正が実現されるとさらに24%まで増える
とみられるのだ。
東京では4人に1人が意識する時代が近づいている。】
(ヴェリタス誌より抜粋)

現在の相続税は基礎控除が5000万円、プラス
相続人1人につき1000万円あるので、
最低でも6000万円以上の資産
(現金預金や土地建物等)がなければ
相続税が課せられることはありません。

ところが税制改正案が実現すると、
基礎控除が3000万円、プラス
相続人1人につき600万円になるので
3600万円以上の資産がある方が亡くなられると、
これを引き継ぐ遺族の方に
相続税という税金が課せられることになります。

東京では地価が高いので、4人に1人がこれに該当し
納税者になるだろうということです。

世界で断トツNO1の借金国である日本が
国の収入を増やすためには、
相続税の増税と消費税の増税は避けて通れないでしょう。

来年の4月には相続税の税制改正が行われることは
ほぼ間違いないと思います。

そこで、わかっていることに対し対策を打たない手はありません。

相続税は他の税金と異なり節税対策が数多くあります。
この対策を事前に準備しておくことをお勧めします。

ところが、実はその前に、
ご両親がどのくらいの資産をもっているか
わからない人がほとんどではないのでは?
と思われるのですが、いかがでしょうか。

それどころか、ご両親ご本人でさえ
ご自分でどのくらいの資産をもっているか
わからない人がほとんどのようです。

自分が何の保険に加入しているのか?
預金通帳は何冊もっているのか?
自分名義のしらない土地を持っている、などなど。

これは私の両親の実例ですが、
同じ絵柄通帳が2冊あるので1冊ははさみで切ってありましたが、
支店の異なる通帳でした。

保険など何に加入していて、いつ満期がきていくらもらえるか
も定かではありませんでした。

頼まれて整理をしましたが、
5~6年前からのお知らせが山のようにとってあり、
本人いわく何を捨ててよいのか悪いのかわからないという事です。

これは我が家の両親だけではないのではないでしょうか。
日本で忘れ去られた通帳や保険証書は
いったいどのくらいあるのだろうかと考えてしまいます。

言いづらいとは思いますが、
親の資産を1度すべてノートに書きだすことを
提案されてはいかがでしょうかどうでしょうか。

我が家ではこれを行い、両親はとても安心しています。

もしも・・
子供さんが立ち合いのもとで
ファイナンシャルプランナーがご両親の資産状況を整理し、
セカンドライフの生活設計についてご両親と共に再点検しますよ
というサービスがあったら・・
喜んでいただけるでしょうか?
あなたのご感想やご意見をぜひお聞かせください!

また、知恵の木では、相続税の節税対策についての
ご相談も承っています。

fp@chienoki.com
まで、ご連絡お待ちしています。
_______________________________

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~勉強会をしませんか~
● 充実人生クラブ「資産形成運用塾」9月開講! ●

充実人生クラブ「資産形成運用塾」がいよいよ9月に開講します。
詳細説明とお申込みフォームを下記URLにてご案内しています。
お申込み、お待ちしています!!

【神楽サロン】サイト
 http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dziuw0bi8j31tfg6GTX
【プラスサム総合研究所】サイト
 http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dzjuw0bi8j31tfg6efA

【FP知恵の木】サイト
■経済と金融の勉強会(全4回)
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dzkuw0bi8j31tfg6XpI
■これから始める資産形成運用塾(全4回)
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dzluw0bi8j31tfg6sDT

【参加費用】
各全4回(実践セミナーとサロンでの飲食を含む)
■一般 32,000円(税込)
■会員 16,000円(税込)※「充実人生クラブ」会員は半額です

【「充実人生クラブ」の詳細とお申込みはこちらから 】 
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dzmuw0bi8j31tfg6pl6

【 ご不明の点はご遠慮なくお問い合わせください 】
fp@chienoki.com
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0dznuw0bi8j31tfg6rw4

■ 「充実人生クラブ」とは 

「充実人生クラブ」とは、
すべての人間は平等に歳を重ねていく
という現実を受けとめ
日本における人口減・少子高齢化の
厳しいマクロ・ミクロ経済環境のなかでも
50歳からの長い人生に賢く備え、
人生の主人公のあなたに活き活きと
充実人生を謳歌していただくことを目的とするものです。 

そのための知恵を磨き、
学ぶ機会をご提供させていただくとともに、 
あなたの人生設計や夢を実現するため、
主人公のあなたを専門家や企業が
一貫してサポートする仕組みです。

One life, Your way (一度の人生、あなた流)
―あなたの人生ほど大切なものはない―  

人生の主人公であり経営者であるお客様に
その夢と幸せを実現していただくため、知恵の木は
「充実人生クラブ」を推進してまいります。

■「充実人生クラブ」は開拓しています

充実人生クラブは、あなたの幸せな生活をバックアップする
一流の志のある企業・事業者・専門家を鋭意開拓活動中です。
どうぞご期待ください!

また、会員の皆さまと共に考え、情報・意見交換し
世の中に本当は必要であったサービスや事業を実現していきたいと
考えています。
あなたのお声をぜひお聞かせください。
ご一緒に「充実人生クラブ」を創っていきませんか?

■9月開講の「資産形成運用塾」は充実人生クラブの第1弾、
自信をもってお勧めする勉強会です!
定員10名です。
あなたもぜひこの機会をお見逃しなくご参加ください。
心よりご案内いたします。

ご不明の点はご遠慮なくお問い合わせください。
fp@chienoki.com
_______________________________

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
● 40歳3000万円の住宅ローン返済は無謀? ●

■【 住宅ローンに関するご相談 】

ご相談させて頂きます。よろしくお願いします。

もうすぐ40歳を迎える独身女性です。
今まで親の持ち家に同居していましたが、
築35年(10年ほど前に一度リフォーム済み)と
少しガタが出てきたので、建て替えを持ちかけました。

しかし、娘にローンを組ませるコトに拒否反応を示す父の反対で
見送りとなりました。

ですが、私も定年まで20年。
その後で家を建て替えるというのは、金銭的にも厳しいと感じ、
将来を見越して駅近マンションの購入を検討し始めました。

見つけたのは、新築、2LDKの物件で3000万円を少し超えるものです。
当初の希望は2500万円くらいでと思っていたのですが、
通勤や実家との距離(両親に何かあった時に直ぐに帰れる)
などの条件を考えていたら、ソコが一番理想的でした。

2LDKを検討したのは、両親がどちらか一人になった時に
一緒に住めるようにと考えてです。
そして駅近だと売るもしくは貸すという考えも可能かと。。

お恥ずかしい話ですが、この年にして貯金もあまりありません。
ほとんどが外貨預金と投資信託で今現在目減り中で、
現金に換えるのは気が進みません。

なので、諸費用を除いてほとんどをローンで組もうかと思っています。

マンション販売会社から勧められたのは、
某銀行の変動金利での2本立てローンです。

年利0.875%(35年)
月々の返済金額 ¥85,000
マンションの管理費他必要経費¥22,000 
合計¥107,000の出費となります。

私の月の手取りが¥215,000で、
ボーナスは歩合制のため¥600,000〜¥800,000
と変動が激しいです。
住宅取得補助が会社からでますが、¥15,000/月。

仕事を頑張って、ボーナスで繰り上げ返済をし、
定年までには返したいと思っています。

勢いに乗って仮申し込みをし、ローン審査を受けていますが、
将来を考えると不安です。
親からの融資などは一切ありません。
やはり無謀でしょうか?

■【 CFP伊藤からのコメント 】

40歳で3000万円のローンを返済することは、かなり厳しいですよ。
年収はどのくらいですか?
退職金はありますか?

40歳で35年ローンは75歳になりますので、非現実的です。
60歳完済の20年ローンで返済ができるかどうかを考えてみましょう。

20年返済の場合
約14万円+マンションの管理費他必要経費¥22,000
合計¥166,000
の出費となります。

手取りが¥215,000で合計¥166,000の出費で
20年間生活できますか?
年利0.875%の金利で長期計算するのも無理があります。

3000万円超は正直、身の丈に合っていません。
仮申し込みで手付金を支払われてしまったのでしょうか?
審査に通らないよう、工夫されたほうが良いのではないでしょうか。
何かご相談があればご一報ください。

またのご相談やご感想、お待ちしております。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です