○スイス、無制限介入 ○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2011年09月14日 ○ スイス、無制限介入 ○

☆ 目 次 ☆


1.最新金融情報トピックス ~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○ スイス、無制限介入 ○

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~充実人生の構成要素~
○ 人生にとって「旅」ってなんだろう ○

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
○ 住宅ローンの借換えを検討すべきですか ○

_______________________________

1.「知恵の木」流、日経ヴェリタス最新金融情報徹底解読
● スイス、無制限介入 ●
-2011年9月11日日経ヴェリタスp48より伊藤誠の特選記事- 



【「このスイスフランを全額ユーロに変えてくれ」
スイス国立銀行(中央銀行)がスイスフラン相場に
1ユーロ=1.2スイスフランの上限を設け、
無制限介入でこれを維持すると発表した6日。

ジュネーブ市内の両替店には朝から、
手持ちのスイスフランが急落すると考えた外国人労働者らが
列を成した。

5日まで1ユーロ=1.1スイスフラン前後だったスイスフラン相場は
発表後、1.2スイスフランまで急落。
本格的なスイスフラン売り・ユーロ買いの介入には
まだ動いていないもようだが、
目標値を明言する「口先介入」だけで大きな効果を上げた。

昨年の後半以降、スイス国立銀行は為替介入を手控え、
対ユーロや対ドルで過去最高値に達したスイスフランに対し、
ゼロ金利政策や量的緩和で対抗していた。

しかし、効果は貧しく、経済界や政府は
さらなる追加策を要求していた。

実はスイス国立銀行は1978年、
当時欧州の主要通貨だったドイツマルクに対して
1マルク=0.8スイスフランの上限を設定し、
スイスフラン売りの為替介入を実施した経験を持つ。

スイス国立銀行にとっては前代未聞の事態ではない。
問題はその副作用だ。
78年からドイツマルクに対する上限を維持するため、
スイス国立銀行は介入を通じて潤沢に資金を供給。
この結果、80年代初めにインフレが発生し、国内経済が混乱した。

スイスの物価は現在、全体的に落ち着いているが、
スイスの一部メディアは早くも
「スイス国立銀行はインフレの再来というリスクと
戦わなければならない」と警告している。】(ヴェリタス誌より抜粋)

この記事はとても興味深いですよ。
スイスと欧州の話なので
日本人はあまり気にとめていない人が多いのではないでしょうか。

世界ではリスク回避でスイスフランと円に
お金が集まっていました。

スイスはスイスフラン高を阻止のために
上記を行ったということです。

これを日本に置き換えると、
例えば1ドル=75円以上の上限を設け、
無制限介入でこれを維持する。

東京都内の両替店には朝から、
手持ちのドルが急落すると考えた外国人労働者らが列を成した。
となるかもしれません。

現在の日本の状況は限界にきていると思います。
これだけ円高になり、法人税も世界でNO1に高ければ、
国内の企業が海外に出ていくのはあたりまえです。

人情で日本に残ってくれというには限界を超えた
というのが私の見解です。

米国や欧州の先進国と新興国はインフレを恐れ、
お金をばらまくことの副作用(インフレ)を恐れています。

日本のインフレ率は0%で、
181国中175位(これはほとんどデフレ)。

スイスのインフレ率は0.69%で、
181国中171位。

インフレ率ではスイスよりも下回っています。

日本政府と日本の中央銀行は今動かないと
取り返しのつかない日本の状況(大失業時代)になります。
スイスとは経済規模が違うことを加味しても、
日本はオモイキッタ行動に出るべきではないでしょうか。
_______________________________

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと ~充実人生の構成要素~
● 人生にとって「旅」ってなんだろう ●

こんにちは。メルマガ発行責任者の伊藤礼子です。
このコーナーでは、
すべての人に訪れる50歳以降の長い充実人生のために
必要なこと・もの、あったらいいなあ!あるべき!など
人生をワクワクさせる構成要素やテーマについて考えます。

さらに、あなたの考えやプランや夢やしあわせを実現し
充実人生を実践していっていただくための
理想のパートナーとなってくれる事業者や専門家とは?
を考え、見出してゆきたいと考えております。

さて、今日のテーマですが。
ワクワク人生や自分回帰に欠かせないものとして
「旅」があるのではないかと思っております。

私の例を申し上げますと
これからいろんな所に行ってみたいけれど
世の中にどんな素晴らしい場所があるのかもわからないため
最近、Facebookの
「死ぬまでに行きたい26か所交歓会」
というグループに入れてもらったのです。

そこには「旅」が好きとか、将来「旅をしたい」人が
参加されており、
そのウォール(参加者が自由に書き込みできるサイト)の
白熱ぶり、内容の濃さ、豊かさにはただただ驚くばかりです。

私は温泉が好きなので、まずは日本の温泉、
次に外国にも温泉があるのなら行ってみたい
と投稿したところ、数えきれないほどの名所や穴場の
情報を頂き、ますます行ってみたくなりました!
(ワクワク)

ところで先週、私は
「大人の修学旅行」などで有名な「地球探検隊」の
中村隊長とお会いしお話してきました。
著書はこちら → 感動が共感に変わる! (中村伸一著)
http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0pfi5x0cie8g4cpwolkL
一般の旅行会社と異なり
ユニークなサービスを提供している「地球探検隊」のことを
少しご紹介したいと思います。

名刺交換させていただくと、中村伸一氏の名刺には
「代表取締役隊長」とあり、
思わずまずそこで顔がほころんでしまいました。

「地球探検隊」では、
「お客様」のことを「隊員」と呼び、
中村氏は隊員やスタッフから
「社長」でなく「隊長」と呼ばれているそうです。

「地球探検隊」は、昼はオフィス、夜は旅するカフェバー
になっていて、今年6月にオープンしたというカフェバーは
隊員(お客様)がボランティアで内装を仕上げたそうですが
「地球探検隊」のイメージどおりのすてきな空間でした!

さて、地球探検隊が提案する旅は3種類あります。

1)世界の仲間と旅をする「多国籍ツアー」
世界中から参加者を集め、現地で集合、解散する旅です。
○アメリカ大陸6000km横断、タンザニア、
エキサイティング・インドなど

2)日本の仲間と旅をする「大人の修学旅行(海外)」
  この旅でいう大人とは「自立した大人」。
連れて行ってもらう旅ではなく自分たちが
チームワークにより創っていくユニークな旅です。
○オーロラの旅や、ニュージーランドアドベンチャー、
内モンゴル騎馬遠征隊など

3)日本で探検する「大人の修学旅行(国内)」
○北海道:釧路川カヌー&キャンプ、
屋久島:生命の営みを感じて遊ぶ旅など

すべての旅に共通しているのは、
仲間と一緒に旅をしながら、体感し、感動を共有し
新しい自分、仲間を発見しよう
というコンセプトだと理解しました。

これらの旅はどちらかというとこれまで
「若者」を対象としてきましたが
こんなコンセプトの旅が
プラチナ時代の人々用にアレンジされたなら
素敵だと思いますが、
中村隊長も丁度そんな風に考えていたところだそうです。

★あなたはどう思われますか?
ご感想やコメントなどぜひお聞かせください!
fp@chienoki.com
まで(^^)

以下はご参考サイトです。
■【地球探検隊】サイト
 http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0pfj5x0cie8g4cpwoXka
■中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
 http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0pfk5x0cie8g4cpwohfS
■Facebook(フェイスブック) 地球探検隊
 http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a0pfl5x0cie8g4cpwoxx1

まだまだお話したいことがありますが今日はこの辺で・・
_______________________________

3.ちょっと気になる話 ~ライフとマネーのQ&Aから~
● 住宅ローンの借換えを検討すべきですか ●

■【 住宅ローンのご相談 】

はじめまして。39歳会社員です。

まず最初に言っておかなければいけないことは、
恥ずかしながら私も主人も非常に無知で、
意識の低いままローンの返済をしておりました。

今さら誰に(どこに)聞いていいのか分からず、
恥を忍んで質問させていただきます。

○現在の借入状況
 住宅金融公庫:15,092,794円(適用利率2.5%)

○今後の適用利率
 平成43年9月まで適用利率3.5%

借りた当初は
もう言われるがままに組んだようなものでして、
しいて言えば金利が変わらないので安心だからという理由で
固定金利でお願いしますとだけ言いました。

しかし2人の子供もでき(中学生、小学生)、
今でも少し厳しいのに
数年後に3.5%になることが不安でたまりません。

私なりに調べたところ、
ネット銀行の金利が安いので借り換えたいと思っているのですが、
どう思われるでしょうか?

その際、例えば借り換え先で『固定金利10年』と書いてある場合、
それは10年で完済しなければならないという意味なのでしょうか?
借り換えで20年以上というのはおかしな話なのですか?

本当に低レベルな質問で申し訳ございません。
何しろ、お金関係が苦手なことと、初めてのことなので
何から何をしていいのか分からない状態です。

■【 CFP伊藤からのコメント 】

こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。
ご相談をお寄せいただきありがとうございます! 

住宅金融公庫:15,092,794円(適用利率2.5%)
今後の適用利率:平成43年9月まで適用利率3.5%

という条件は今の時代としては条件が良くないですね。
借り換えは是非検討されるべきです。

>私なりに調べたところ、
>ネット銀行の金利が安いので借り換えたいと思っているのですが、
>どう思われるでしょうか?

★ネット銀行も良いと思いますが、
せっかくなのでどこの金融機関が
あなたにとって一番有利か比較すべきです。

>その際、例えば借り換え先で『固定金利10年』と書いてある場合、
>それは10年で完済しなければならないという意味なのでしょうか?

★いいえ。10年間だけ固定、その後また選択してください、
という言う意味です。

>借り換えで20年以上というのはおかしな話なのですか?

★おかしくありませんが、現在借りている
ローンの残年数が基準となりますので、
平成43年9月までというのが基本です。
短くすることも、もちろんできます。

等事務所では住宅ローンの借り換えを複数の有利な金融機関に対し、
同時比較し借り換えの事務手続き支援を行っています。
東京にお住まいということなので、
よろしければホームページをご覧になり
一度FP知恵の木までご連絡ください。

またのご相談やご感想、お待ちしております。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です