○投資脳を鍛えよう○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2011年12月21日 ○投資脳を鍛えよう○

☆ 目 次 ☆


1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○投資脳を鍛えよう○

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと 
○ご存知ですか?「生命保険信託」○

3.ちょっと気になる話
 ~ライフとマネーのQ&Aから~
○二世帯住宅の資金調達と節税対策は?○
_____________________

1.最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■投資脳を鍛えよう■
~2011年12月18日 日経ヴェリタスp1より~ 

投資における「陥りやすい5つの落とし穴」。
今回はわかりやすく、ポイントのみをご紹介します。
あなたにもあてはまるもの・・ありませんか。

1.損失回避
「損失の痛みは利益の喜びの2.5倍」

100万円の投資元本が120万円になる喜びよりも、
80万円になる悲しみのほうが大きい。

2.所有効果
「自分の持ち物は高く評価」

人間の脳は、自分がそれを
「所有している」というだけで、
その価値を大幅に高く見積もる傾向があります。

有名な実験がロゴ入りマグカップの競売。
マグカップを持っているグループAと
持っていないグループB。
グループAの平均売値は5.25ドルで
グループBの平均買値は2.75ドルという結果でした。

つまり、自分の持ち物の価値は他人が思うより
2倍も高く評価しがちというお話です。

3.フレーミング効果
「時と場合でうつろう判断」

どちらを選びますか?
問1.
A.50%の確率で1000ドルもらえる 
B.確実に500ドルもらえる

問2.
A.50%の確率で1000ドル失う 
B.確実に500ドル失う

問1はB 問2はAを選ぶ人が多かったそうです。

つまり、人は報酬を受け取る場合は確実な方、
損失が生じる場合は失わない可能性のある方を
好む傾向があります。

4.時間割引
「将来より今の得」

問3.
A.100日後にもらえる100万円 
B.101日後にもらえる101万円

問4.
A.今もらえる100万円 
B.明日もらえる101万円

問3でBを選んだ人も問4ではAを選ぶケースが多い
とのことです。
脳の中では、目の前のことを選ぶときには、
主に直観にかかわる反射脳が活発になり、
一方、遠い将来のことを考える時には、
理性に関する熟考脳が活発になるということですね。

5.報酬期待
冷静さを失う「強欲のスイッチ」

脳は「報酬がどれくらい大きいか」に強く反応します。
一方で「報酬を受け取る可能性」には
あまり敏感ではありません。
つまり、得るものよりも、
得られるかもしれないものの方を重視するのです。

典型的なのが宝くじです。
還元率は約50%で、
理論的に買えば買うほど損をするのに、
3億円という高額を表示されると
買わずにはいられない人も多いですね。

■■■
ご感想・コメント・ご質問はどうぞこちらまで
fp@chienoki.com
お待ちしています(^^)■■■

_____________________

2.一緒に学ぼう、プラチナ時代のこと
■ご存知ですか?「生命保険信託」■

こんにちは。メルマガ発行人の伊藤礼子です。
すべての人に訪れる50歳以降の長い人生を
安心して、ワクワクして、輝くものに!
そんなあなたの充実人生にとって
必要なものとは何でしょうか。

先週金曜日、ファイナンシャルプランナーの勉強会に
参加させて頂きました。

そこで「生命保険信託」という新しいコンセプトが
日本に初めて導入されたことを知りました。
そこで、早速「充実人生クラブ」メールマガジン読者の
あなた様へお知らせしたい、と思った次第です。

■「生命保険信託」ってなんですか?

セミナーでお話し下さったのは、
プルデンシャル生命保険会社の
綜合企画チームと市場開発チームの
マネージャー、本多巨樹(なおき)さん。

本多さんによると、
プルデンシャル社は徹底した「現場ありき」
の会社だそうです。そこでは、
全国に3100名いるライフプランナーが選手。
通常ですと、本社は裏方で球拾い、
という役回りなのだそうです。

本社部門の本多さんが、今回は例外的に
社外に向かって発信するその訳は、
本多さんこそは、この「生命保険信託」を
8年前から企画し、2010年7月に
日本で初めて取り扱い開始までにこぎつけた
生みの親であるからです。

お話を聴いていても、本多さんご自身が
「生命保険信託」に心底惚れ込み、
お客様へ「価値」をもたらすものとして
確信と情熱をもって取り組んでいらっしゃることが
感じられました。

■「生命保険」×「信託」でできること

「生命保険信託」とは、保険金をかけた方が
生前に指示していた内容通りに、
信託銀行が死亡保険金をお渡ししていく
オーダー・メイドの信託商品です。

プルデンシャル社において、
「保険金の支払い」にこだわってきた結果
たどり着いた解決策であった、とのことです。

すなわち、保険契約者は、ご自分の大切な人のために
保険金をかけたのに、実際には、その思いの通りに
「保険金の支払い」が実行されないケースがある
ということなのですね・・・。
本当に残念なことです。

◯ もし自分に何かあったら、残されたわが子は
大丈夫だろうか。

◯ 保険金を残す相手が亡くなった後のことについても
自分で決めておきたい

◯ 障がいのあるわが子に保険金の管理ができるだろうか

◯ 生命保険金で、社会貢献がしたい

◯ 知的障がいのあるわが子に、親として経済的な責任を
果たしたい

上記のような悩みや、希望を持たれている方への
「生命保険」×「信託」の安心の解決策の一つ
であるといえます。

この他、様々な解決策の事例が紹介されましたが、
このメールではご紹介しきれない分量ですので、
ご関心をお持ちの方は
fp@chienoki.com
まで、どうぞご連絡ください。

■「モヤモヤ」の解決方法

さて、本多さんのお話の中で、最も印象に残ったことが
あります。

それは、はっきりと購買するものが決まっている場合には、
比較.comなどが活躍してくれます。

一方、解決する問題、購買するもの自体が、複雑で、
モヤモヤとして不確定である場合があります。

その場合の解決策とは、
1人のお客様に対して、
複数の専門家が連携してチームを作って、
問題の本質を見極め、ベストな解決策を
オーダー・メイドで提供する必要がある、
という分析です。

これを伺い「我が意を得たり!」と感じたのです。
なぜなら、それこそが、FP知恵の木が
一貫して実行してきた
「知恵の木ウェイ」
であったからです。

■■■
ご感想・コメントはどうぞこちらまで
fp@chienoki.com
お待ちしています(^^)■■■

_____________________

3.ちょっと気になる話 
~ライフとマネーのQ&Aから~
■二世帯住宅の資金調達と節税対策は?■

■【二世帯住宅新築に関するご相談】

夫の実家の土地に上下階完全分離二世帯住宅の
新築(建替)を計画しています。

土地は約800平米で名義は父と叔父が
2分の1ずつ登録。
ハウスメーカーとは契約済で、
12年4月着工で9月完成予定。
ハウスメーカーからの請負金額見積りは
5600万円。68坪。

出資比率は夫が4000万円で、
残りを父と叔父で負担してもらえないかと、
子世帯より話を切り出しました。
4000万円は交渉予定。

父・叔父からの出資、親族ローン、
金融機関の住宅ローンで資金調達を考えています。

税金(贈与税、相続税、不動産取得税、固定資産税等)
と金融機関へ支払う金利費用を最小にしたく、
資金調達出資方法・登記の仕方について
アドバイスをお願いできませんか?

同居家族は合計7名。
父 60歳 会社員 年収不明 預金1000万円
母 54歳 パート
叔父 70歳くらい 無職 預金3500万円
弟21歳 会社員
夫=相談者 30歳 会社員 年収540万円 
預金300万円
妻 30歳 専業主婦
子供 1歳(将来3人を予定)

■【 CFP伊藤からのコメント 】

こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。
ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

まずお尋ねします。
建物の持主は100%夫で良いですか?
1番お金がかからないのは、この形です。

夫が4000万円の資金調達をし、
父と叔父から1600万円夫が借りる形です。
叔父からは借りる形ですが、
父からは非課税でもらう方法もとれます。

登記については
建物100%夫名義で登記します。

このようにすれば
税金(贈与税0、相続税0、不動産取得税夫のみ、
固定資産税夫のみ)となります。

金融機関へ支払う金利費用を最小については、
住宅ローン一括比較と資料請求ができる下記
↓を活用してください。

http://k.d.combzmail.jp/t/hhtb/a04ua8y0ei6mhn6iquzoA

またのご相談やご感想、お待ちしております。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です