○リスクオン劇場「大転換」第2幕へ。主役は日米○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年05月22日 ○リスクオン劇場「大転換」第2幕へ。主役は日米○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○リスクオン劇場「大転換」第2幕へ。主役は日米○

2.充実人生クラブ ~人生を部活動のように楽しむ~
○私の「充実人生クラブ」○
_____________________

1.最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■リスクオン劇場「大転換」第2幕へ。主役は日米■
~2013年5月19日 日経ヴェリタスp1より~ 

■■■ トピック要約

世界金融緩和
によって
膨張したマネーが、
グローバルな金融市場に
激しく流れ込んでいる。

その行き場は、
これまでの常識を超える広がり
を見せている。

世界全体の株式時価総額は
足元で62兆ドル。
金融危機前の2007年に記録した
史上最高に接近。

『米国』では
「ジャンク債」と呼ばれる
投機的挌つけの社債に
マネーが殺到。
平均利回りが初めて
5%割れに。

世界の国債価格は全般に上昇。
利回りが1%割れし
総額は約2000兆円に。

世界の隅々で異変

値上がり益や金利を追い求めて、
世界中の資産を
貪欲に買いあさる投資マネー。
その勢いが世界中で
異変を巻き起こしている。

経済悪化で失業率が
27%を超える『スペイン』。

5月14日に発行した
10年国債(利率4.4%)は
発行額70億に対して
3倍の需要が集まった。

『ギリシャ国債』も買われており、
利回りは1年前の30%強から
足元で8%台まで急低下している。

『アフリカ』中央部のルワンダ。
今でも支援を受ける同国は
4月25日、
国際市場で初めて
国債を発行(利回り6.875%)。

9~10倍もの買需要が集まり、
4割を米国、
3割強を英国の投資家が購入した。

■■■

すごいですねー。
サブプライム問題を思い出します。

米国で
住宅ローンの返せない人にも
住宅ローンを貸して、
結局返済ができなくなり、
世界はパニック。

失業率が27%を超える国の
国債を買いますか。
あのギリシャの国債を買いますか。
ルワンダという国を知っていますか。

歴史は繰り返されますね。
人間の学習能力はあるのでしょうか。

結局、ルワンダの国債を
最終的に買うのは消費者です。

最近、歴史の繰り返しの
間隔が短くなってきたそうです。

本来的におかしなこと、
異常なことは
いつかバブルとなり破裂する
と私は考えています。

この先、
日本や世界は
どのような歴史をたどるのか。
個人的には非常に興味深いです。

今、世界的に投資をしている人は
儲かっているはずです。

ここで降りるか、
このまま進むか。

私は降ろさせていただきました。

_____________________
※ご感想やご質問はこのメールにご返信くださいね!
励みになります!^^
_____________________

2.充実人生クラブ~人生を部活動のように楽しむ~
■私の「充実人生クラブ」■

ノマドライフ

この4月から、とうとう念願の
「ノマドライフ」
始めました。

月に5日間くらい
人と会う仕事の約束は入れず
行きたい場所に行って
その土地の自然や景色や温泉を楽しみ
ゆっくり、リフレッシュ
我に返るひと時をもたせて頂いています。

モバイル・インターネットの時代
どこからでも連絡が取り合え
ノートパソコンがあれば
仕事もできちゃうし・・・
本当にありがたいです。

そういう時間や空間をもち
場所を変えてみて
好きな風景のなかに身をおき
五感を全開にしてみると
忘れていた懐かしい感情が
蘇ってきたりします。

いっぱいいっぱいになって
必死で考え込んでいる時とは裏腹に・・
ポンと答えが出てきたり
絶対こうだというこだわりが
すっとなくなったり
思考がすっきりクリアになったり

その意外にも大きな効用に
驚いています

やりたいことが多すぎる

そもそもやりたいことが多すぎる
仕事・遊び大好き人間の私。

「充実人生クラブ」は、
そんな私にとって
50歳からの人生こそは本番。

今まで知らなかったことが
いかに多かったか
もっともっと学べる
どんどん変わることができる

四十、五十の手習いも
ゆっくりかもしれないけれど
成長することができるみたい^_^;
そう実感する毎日なのです。

そして、
もうひとつ思うことは、
そのうえで「充実人生クラブ」時代は
決してあせらず
いつもリソースフルでありたい。

リソースフルとは、
心に余裕がある状態。

身辺に起こっていることによって
取り乱されず、
自分や相手や起こっている事々を
静かに俯瞰してみることができ

どんな時でも
本来の自分にもどり
ベストな心の状態へ
立ち返ることができます。

「充実人生クラブ」

「やりたいことは全部やる」
という情熱とわがまま

大局から自分や相手やできごとを
理解できる俯瞰力とやさしさ

充実人生クラブはこの2つを
両立させるものでなくてはならない。

・・・そんなことをよく考えます。

全ての人々の千差万別の個性を大切にし
活かし活かされる人の繋がり。
みんな違ってみんないい。

そのうえで
人生の最期まで輝き続ける人々

励まし合う仲間がいる
ほっとするあたたかい場。

「充実人生クラブ」をそんなところ
にしたいデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です