○日本貿易赤字、過去最大額の公算○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2012年07月25日 ○日本貿易赤字、過去最大額の公算○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○日本貿易赤字、過去最大額の公算○

2.充実人生クラブ ~人生を部活動のように楽しむ~
○「年を取るのは素晴らしい!!!」を実証する○

_____________________

1.最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■日本貿易赤字、過去最大額の公算■
~2012年7月22日日経ヴェリタスp8より~ 

■■■ トピック要約

25日に財務省が発表する6月分の貿易統計は
エポックメーキングなものとなりそうだ。

輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は昨年、
31年ぶりの赤字となったが、
今年は遂に1月~5月までで
3兆円を超える赤字を記録している。

半期ベースでは比較可能な1979年以降、
過去最大の赤字となる公算が大きい。

これまでの最大の赤字額は、
第二次オイルショック時(80年上半期)の
約2兆6000億円。

エネルギーコストの上昇と輸出減による
貿易収支の赤字化は、
東日本大震災やタイの洪水が重なった昨年の特殊要因で
一過性とみられていたが、一部には固定化の兆しもある。

今後は海外からの配当収支を含めた経常収支ベースでも
赤字化するかどうかが焦点となる。

多くのエコノミストは、
10年代半ばにも経常赤字になる可能性を指摘している。
経常赤字国となれば、
政府の借金も外国からの資金に頼らざるを得なくなる。

■■■

これは以前から私が指摘していたことですが、
日本国債を買う人が日本人でなくなる日が
もう10年後にくるかもしれない、ということです。

このトリガーとなる可能性のある出来事とは?

◯日本が経常赤字国になる日
◯高齢者のもっている現預金が少なくなり
(金融機関の現預金が少なくなる)、
国内金融機関が日本国債を買えなくなる日

日本の10年後、あなたは想像できますか。

前述のことがもし起こると
日本がギリシャ状況になり、円安とインフレ、
金利上昇が起こるというのが教科書の定説です。

ある住宅ローンサイトの一文ですが、
なぜか気になりましたので、ご紹介します。
住宅ローン変動金利推移 金利3%は高いのか?
ご参考までに私の決断を紹介すれば、 「上昇懸念あり」です。 2011年6月、私は、これまで10年間 返済を続けていた変動金利の住宅ローンを 長期固定金利の商品に借換えました。 もちろん、これは私個人の決断であって、 皆さんにその選択を促すものではありません。 正直、上昇するかどうかは分かりません。 単純にこれだけ長期固定が下がってくると、 変動金利で借りているメリットが少ないと感じただけです。 金利がほとんど相違ないので、 借換えによる金額的なメリットは殆どありませんでした。 手数料がかかった分マイナスです。 しかし、上昇リスクが排除できたことが 自分にとって大きなメリットであったと感じています。 「35年住宅ローンで変動金利」の方が大多数です。 皆さん、大丈夫ですか。 ■■■ ご感想・コメント・ご質問はどうぞこちらまで fp@chienoki.com お待ちしています(^^)■■■ _____________________ 2.充実人生クラブ~人生を部活動のように楽しむ~ ■「年を取るのは素晴らしい!!!」を実証する■ メルマガ発行人の伊藤礼子です。 いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。 2012年6月22日に誕生した 「一般社団法人充実人生クラブ」 「充実人生クラブ」ってどんなところ? 「充実人生クラブ」に入ると自分に何が起こるの? どう説明したら、 「あ!そういうところなんだね!」 ってわかってもらえるだろう・・・ 実は、ずっとずっと考えています。 これまでも何百回も考え続けてきたけれど もう一度、問い直し続けています。 言葉だけにとらわれないで 「五感」を総動員させて、全身全霊で感じ、引き出そう。 「充実人生クラブ」で何が実現できたら、 「これだ!!!」って私は思えるのだろう、と。 そして、はっきりとしてきたもの。それは・・・ 「年を取るのは素晴らしい!!!」を実証する 子どもの頃、早く大人になりたいと思いました。 歳をとればとるほど、 人生の楽しさ、素晴らしさが体験できるから そう信じて疑ったことなどありませんでした。 そうして、今もありありとそう思っています。 でも、世の中では反対の見方もあります。 「若い時はよかった」 「いつまでも青春でいたい」 などと、明らかに歳をとることを嫌がっていることも。 そして、私の中にもそういう思いがどこかにあるのです。 こんな60代、70代、100歳になりたい 「充実人生クラブ」のなかには、40代以前の人も 50代、60代、70代、100歳以上の人もいます。 いろんな人がいて、共通していることは 人生を謳歌していること。 とことん楽しんでいること。 辛いことや悲しいこと、避けて通れないこともあるけれど そういうことも潜り抜けて 素敵な生き方をしている人たちがいます。 40歳の人が、こんな60歳になりたい! 60歳の人が、ああ、自分が80歳になった時には こんな人になっていたい! と憧れる、自分にぴったりのロールモデルがいます。 「どうしたらあんな人になれるだろう」 密かにその人がやってきたこと、やっていることを 自分も真似てみる。 自分らしさにもっと素敵な自分を加えてみる。 そして、自分もいつか誰かに あんな人になりたい と思ってもらえるような人間になりたい。 一生懸命で輝く もうひとつ共通していることは みんな一生懸命。 やりたいことだけを全部 一生懸命、楽しんでやっている 趣味でもいい、仕事でもいい、ボランティアでもいい 自分がやりたいからやっていて だから、活き活きといつも、いつまでも輝いているのです。 経済を動かす 「充実人生クラブ」の幸せな人々は そのエネルギーで経済を活性化させます。 活き活きと社会に働きかけ、貢献します。 長寿社会が本当に輝いて笑顔に溢れるよう 自分らしい関わり方で まわりを輝かせる人々なのです。 「充実人生クラブ」でそんな大人になりませんか なりたかった自分に一生をかけてなってみる 一緒に実現しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です