○日本国債ラスト・バブル○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年03月27日 ○日本国債ラスト・バブル○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○日本国債ラスト・バブル○

2.充実人生クラブ ~人生を部活動のように楽しむ~
○誰の心にも名作がある○
_____________________

1.最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■日本国債ラスト・バブル■
~2013年3月24日 日経ヴェリタスp1~3より~ 

■■■ トピック要約

黒田日銀が導く人類未踏の低金利

黒田東彦氏が20日、日銀総裁に就任。
21日の就任会見でさっそく
「可能なすべての手段を講じる」などと、
金融緩和に強い意気込みを語った。

中央銀行(日本銀行)には逆らうな

日銀が国債をどんどん買うだろうと市場予想
日銀の新体制にひれ伏すかのように翌日22日、
10年国債利回りは0.555%と
9年9ケ月ぶりの水準に低下した。

実体経済では説明つかない

日経平均は上昇し長期金利が低下している。
実体経済では説明つかないことがある。

1619年にイタリアで記録した
世界市場最低の金利1.125%を、
日本の10年物国債利回りが下回ったのは1998年。

その後、1%割れが定着し、
2003年6月には0.43%まで低下した。

人類未踏の低金利
とまで言われた水準に再び挑もうとしている。

2003年5月にりそな銀行の国有化が決まった当時と比べて
国債買いの理由は見つけにくい。

それでも当時の水準を窺おうとする市場の動きに、
「バブル度」の高さがうかがえる。

■■■

今の日本の状況をおさらいしましょう。

黒田日銀総裁と日本政府は、
2%のインフレ目標まで金融緩和を行う
と言っています。

これは、日本国債を日本銀行がじゃぶじゃぶ買って、
お金を日本国内にじゃぶじゃぶにして、
日本の景気を良くしたいということです。

日本銀行が国債をじゃぶじゃぶ買うと
宣言している(しているようなもの)ので、
日本国債を買う人が先回りして買い、
利回りが下がっています。

市場は日銀がどんどん国債を買うだろうと予想し、
国債の利回り(金利)が低下しています。

教科書的には株価が上がっている今、
国債金利が低下することは説明つきません。
が、それ以上に
日銀が国債を買うという予想が勝っている
ということです。これが

中央銀行(日本銀行)には逆らうな

ということになります。

次に、お金がじゃぶじゃぶ=景気が良くなる
との連想により、株が先回りして、高くなっています。

筋書き通り、デフレを脱却すると、
こんどは実体経済通りに金利が上昇する
と、識者は警戒しています。

逆に、筋書き通りにいかない場合(日本破綻)、
日本の借金(国債購入)が膨れ上がるので、
誰も日本国債を買う人がいなくなり、
金利が急上昇し
(悪い金利が上昇=ギリシャのような状況)
株価は急下落する
と識者は警戒しています。

いずれにせよ、急ピッチの金利上昇の可能性があり、
住宅ローンを固定金利にシフトするなど
リスク回避を呼びかけています。

繰り返される国債バブル崩壊の歴史(p5)

売りが売りを呼び、長期金利は短期間に急上昇する。
日本の歴史的に見ると、1970年以降4回の
国債バブル崩壊と金利急上昇が起こっています。
「国債バブル崩壊の歴史」は繰り返され、今まさに
「国際バブルのラスト・チャンス」
といえるでしょう。

_____________________
※ご感想やご質問はこのメールにご返信くださいね!
励みになります!^^
_____________________

2.充実人生クラブ~人生を部活動のように楽しむ~
■誰の心にも名作がある■

Aさん来訪

充実人生クラブのメンバーAさんが
先日八王子サロンを訪問下さいました。

Aさんご夫妻は、古希を超えてますます仲睦まじく
私たちの憧れです。
そしてご夫妻とも勉強家。
金融と経済の勉強会や
ワイン造りやワインセミナーなどにも
積極的にご参加くださっています。

「2週間に1回のメルマガも新鮮に感じて
とても楽しみにしていますよ」
と言ってくださって・・・ウレシイ~(泣)

そして今回、Aさんは、JJCメンバーの特典である
コーチングもご体験下さいました。

ご主人様は今なお現役で癌の薬の開発の研究を
続けておられ、実は4月から
福島の大学へ招聘されたため
Aさんも一緒に引越をされることになったのだそうです。

見知らぬ土地への転居。
様々な不安を抱えていらっしゃったとのことですが、
お話をしてみると、すでに吹っ切れているご様子。

奥深い人生を振り返りつつ
人間の無限の可能性への信頼をベースに
未来の「ありたい姿」と「今ここ」について語り合い
話はつきませんでした。

「五行歌」との出会い

Aさんは長寿のご両親の介護を長い間経験されたそうです。
心身とも本当に大変な状況の中で
偶然出会った「五行歌」は、心の救いとなったそうです。
以来、Aさんは五行歌を創り続けています。

ご友人の吉川敬子さんも五行歌の歌人。
www.teinenjidai.com/saitama/h22/12/index.html

昨年、Aさんのご紹介で吉川家を訪問したFP伊藤。
自分の書籍「今相談したいカリスマFP」を差し上げ
http://bkc.co.jp/2012/11/813.html

吉川さんの歌集「時の鎖」をプレゼントして頂きました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4882081024

「充実人生クラブ」のお話をすると、
とても共感して下さったとのことでした!

「時の鎖」・・・ 心の名作

吉川さんの歌集は一気に読みました。
「こんな歌い方があったのか」
と心打たれながら。

「俳句や短歌のようなルールや難しさがないので
私にもやれるわ、って思ったのよ。」
とAさん。

確かに。

そんな安心感がありながら
真実を見つめてやまない
吉川敬子さんの生き方に安堵し
懐かしさを感じながら、
共感している自分がいました。

吉川敬子さんの歌を
少しご紹介させて頂きますね^^

========
問いも答えも
内包した
一生命体
一生かかって
どれほど覗けよう

========
孤高の満月は
宇宙に一人の
私であることを
くっきりと
自覚させる

========
未だ
火種は
心奥に在る
どうにもならない
自分という

========
痛快なくらい
明らかに
なってゆく
マネーゲームの虚構
経済大国の痩せた実像

========
女の眼で
私の物差しで
あなたに
期待し続けた悲劇が
今は喜劇にも思える

========
男の眼で
あなたの物差しで
私は
どう映っているのだろう
怖い

========
あなたには
あなたの
愛のかたち
それを信じるまでに
かかり過ぎた時間

========
夫婦だって
勝負です
そりゃあ
愛しきった方が
勝ちです

========
介護する者にしか
解らないよと
涙声の
妹の電話に
心で頭を下げるばかり

========
良心という
嫁という
女という
呪縛が鈍色に光る
老人介護

========
我よりも
弱き人の
心に映っている
私の画像こそ
私の品格

========
出てきた
下宿先宛ての母の字
「小包み送ったよ」
逝った日より
鮮烈な死

========
生きるって
好いことかと
問いたげな
少年の眼差しに
毎日が答えでありたい

========
「やり返す」と
つぶやく少年の
冷えた手に
熱いココア
一杯のせる

========
ゲームばかりと
愚痴られる
少年の淋しさは
愚痴る母親の
淋しさに重なって

========
かく
ありたいと
強く想像しよう
可能性への
一歩だ

========
もう
春の手応えなのですね
あなたの
剪定する鋏の音が
口笛のよう

=======

誰の心にも名作がある

Aさんや吉川さんの先生である
草壁焔太氏の講演をYouTubeで見つけました。
子ども~若者が創る五行歌もまた新鮮ですね!

www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=IDtendNJMQo

小さな日常から
真理探究まで
こんなふうに歌に綴れたら
素敵だなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です