○増税「予定通り」確認か○

FP知恵の木 無料週刊ナレッジメール バックナンバー

■2013年09月11日 ○増税「予定通り」確認か○

☆ 目 次 ☆

1.最新金融情報トピックス 
~「知恵の木」流、日経ヴェリタス徹底解読~
○増税「予定通り」確認か○

2.「充実人生クラブ」 ~人生を部活動のように楽しむ~
○9月の茶事~野趣の愉しみ~○
_____________________

1.最新金融情報徹底解読 ★伊藤誠の特選記事★
■増税「予定通り」確認か■
~2013年9月8日 日経ヴェリタスp6より~ 

■■■ トピック要約

■消費税引き上げへの弾みになるか

内閣府は9日、4~6月期の
国内総生産(GDP)改定値を発表する。

市場は設備投資の改善などを背景に、
8月発表値から
大幅な改善を見込んでいる。

安倍首相は10月初旬にも
消費増税の最終判断を下す予定で、
その重要な判断材料とされるだけに
注目度は高い。

そして9日 結果
4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は
物価変動の影響を除いた実質で、
前期比年率3.8%増と、
速報値(2.6%増)から
上方修正された。

設備投資を中心に上方修正されたことが
全体を押し上げた。

成長率が大幅に上方修正されたことで、
来年4月からの消費税率引き上げの判断を
後押しするとの見方も出ている。

■■■

前回のメルマガで
「決戦の秋が来る」と書きました。

『五輪東京開催
	→消費税UP→法人税減税→日本復活 
これが私の日本予想ベストシナリオです』と。

まず、五輪東京開催。ついに決定しました!

安倍晋三首相は
今回のGDP改定値に加え、
来月公表される日本銀行の
企業短期経済観測調査(短観)などを
総合的に考慮し、
消費税引き上げを判断する
と言っています。

4~6月期の
国内総生産(GDP)の数値は良く、
10月1日には消費税8%が
確定されるでしょう。

失われた20年が
復活する気配が
ますます出てきました!

これで日本が復活しなかったら・・(怖)

「かなり流れが来ている!」
私はそんなふうに感じています
_____________________

※ご感想やご質問はこのメールにご返信くださいね!
励みになります!^^
_____________________

2.充実人生クラブ~人生を部活動のように楽しむ~
■9月の茶事~野趣の愉しみ~■

■茶会をやります

充実人生クラブ(JJC)
昨年の9月と11月。
JJCでは、ささやかな茶会
「野趣の中で茶懐石」
を行ないましたが

今年も9月21日(土)12時より
「9月の茶事~野趣の愉しみ~」
を行うことになりました。

計6名程のご招待で
お茶と美味しいものをいただく会です。
お越し頂く数に限りがあるため
そそうがあってもお許しいただける
寛大かつごく身近な方々に
お声をかけさせていただいています。

このメールマガジンを読み、
ご興味をお持ちくださった方は
このメールにご返信のうえ
どうぞお知らせくださいますように
お願いいたします。

当方のご招待リストに控えさせていただき
今回おそらくは次回以降の企画になりますが
早めにお知らせし、
ご招待をお送りさせて頂きます。

■そもそも、ことの始まりは・・・

「いつか懐石料理を創れるようになりた~い!」

という願いをもっていた私。
当時は24時間365日体制(笑)の会社員。
そんな優雅なことは夢のまた夢・・・
と感じていました。

一方で、私の姉は
嫁いだ先で茶道具店を経営しており、
茶道・華道を40年以上も続けていて
茶道のたしなみとして
懐石料理についても
本格的に修得していました。

そんな私たちですが、
やっと双方の念願が叶い
昨年の4月から月に1回
姉から懐石料理を教えてもらい、
私からはパソコンやインターネットなどを教える
いうことを続けています。

気の遠くなるような時間を用いて
お出しからつくる料理の美味しさ、
お食事をしながら
親しい人々と談笑する
楽しさ・贅沢さをご一緒できたら素敵!
と思ったことに起因しています。

■茶道具の世界

40年の時を経て
姉にとってお茶(茶道)は今
仕事の領域を超え、大好きな
「探求したいもの」
になっているようです。

そして、お茶の「道具」は
様々な歴史や作家の物語を秘めた
究めきれないほど
「奥深いもの」

仕事でも、たくさんの先生方の
お一人お一人の好みに
まさにぴったりの道具を
ぴったりのタイミングで
提供することができた時
最高の喜びを感じるのだそうです。

姉にとって
これまで仕事として向き合ってきた
厳しい茶道の世界

これからは
自由にゆるやかに
お茶やお道具を楽しみ
日本の伝統文化を伝えていきたいのです。

■お好きなお道具で愉しむ

さて、今回の茶会は
前回と少し趣向を変えて
お茶をたしなまれる方々に
お好きなお道具でお茶を点てて頂こう
と考えています。

好きなお道具で・・・?
どうしてそんなことができるのでしょうか。

その訳は前述のとおりです。
私にはよくわからないのですが
道具に目利きのある姉が
心をこめて、野趣をテーマに
お道具を揃え、京都の某所まで足を運び
研究を重ねているようです。

一方の私と言えば、
そのような茶人の境地には
遥か遥か手前のところにはおりますが <m(__)m>
激動の毎日をお過ごしの
皆さまと共に
ほっと一息
ご自身をとりもどして頂くあたたかい場を
と一緒につくれたら素敵だなあ・・・
と思っております。

■■■

ひぐらしの鳴く山里の夕暮れは
	  風よりほかにとふ人もなし

秋風月とは名ばかりの残暑厳しき折、
お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
この度、おこがましく存じますが
「野趣」のテーマにて心ばかりの道具を以て
茶事のご案内を申し上げます。
竹林の移ろいとともに一服の茶を
お楽しみくださいませ。
				かしこ</m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です